お宮参りに母親が着るべき着物って?知っておきたい注意点

2019.05.24更新

赤ちゃんが生まれてまもない時期にやってくるお祝い、お宮参り。 そんなお宮参りでの母親の着物の選び方やマナーはご存知ですか? 当日に焦らないためにもしっかり準備してお参りに備えたいもの! そこで、着物や母乳、お手入れなど母親の目線で 気になるポイントをまとめてました!

お宮参り着物ポイント①お宮参りの主流!訪問着、色無地、付け下げ

お宮参りの時、母親が着る着物は結婚式と同様に、格式高い着物を着るのがマナーとされて着ました。ですが最近では、訪問着、色無地、付け下げが主流となっています。

訪問着:留袖、色留袖などに代わる略礼装で、お茶会やお見合いなどでも着られる着物。
色無地:シンプルな一色染めで、お宮参りのような慶事では明るめな色の着物を着用します。
付け下げ:訪問着よりも少しライトな印象です。着用シーンもさほど変わりませんが、格式高い場所では訪問着の方が良いとされています。

お宮参りでよく見かける、赤ちゃんを覆うように羽織っているのは祝い着と呼ばれる赤ちゃんの正装になります。

最近では、赤ちゃんが神様と挨拶をする大事な儀式という堅いものではなく、お宮参りを「家庭内のお祝い事」とする見方も多く、気軽な訪問着や付け下げを選ぶ方も増えています。洗える訪問着もありますし、これから何度でも使えるので新調するなら訪問着がいいかもしれません。
ここで大事なのは、あくまでも主役は赤ちゃんであること。赤ちゃんの着物とのバランスがいい色合いやデザインを選ぶように心がけましょう。赤ちゃんより目立たないように注意です。

お宮参り着物ポイント②帯は「袋帯」を選びましょう

お宮参りの着物として、訪問着をしっかり着こなすならば、帯は「袋帯」にしましょう。

袋帯は表地と裏地が縫い付けられている帯で、正式な式向けの帯になります。古典的が柄を選べば、礼装らしいコーディネートに!帯揚げもフォーマル用のものを選ぶようにしましょう。正装では白や淡いものが定番ですが、訪問着や付け下げなら、刺繍入りでアクセントにしてもいいですね!

お宮参り着物ポイント③訪問着の場合は、長襦袢も忘れずに!

https://lovegraph.me/albums/14334
着物の下着で、着物の良し悪しを決めるとともに、ちらっと首元や裾に見えることでコーディネートのポイントともなる長襦袢。礼服は基本的に白が多いですが、薄いピンクや草色など淡い色合いのものも可。同系色の訪問着と合わせればおしゃれに着こなせます。絞りが入っていると品の良さが出て素敵です。あまり濃い色にしてしまうとカジュアルになってしまうので気をつけましょう。

お宮参り着物ポイント④草履とバッグの選び方

https://lovegraph.me/albums/14471

礼装用の袋帯と合わせるなら結婚式などで使われる金刺繍の入った草履やバッグでも良いのですが、少しラフな訪問着や付け下げなどを着用する場合は、それに合わせてエナメルなどの素材の方がバランスが取れます。色は合わせやすいグレーやベージュがおすすめ!草履は鼻緒の色と台の色が違うとカジュアルになってしまいます。

お宮参り着物ポイント⑤母親の体に負担が少ないように!

https://lovegraph.me/albums/14316
お宮参りを迎える母親の体は、赤ちゃんを産んでから日が浅く、まだ体が完全には回復していません。着物を着る際には体を締め付けすぎないように着付けをするのがポイントです。

また、自宅から近い美容院や神社を選ぶことも大事です。長時間の移動や慣れない着物は非常に疲れやすいので、こまめに休憩するようにしましょう。そのまま撮影を行う場合は、赤ちゃんのためにもスムーズに行えると安心です。

ポイント⑥お宮参り中の授乳はどうするべき?

https://lovegraph.me/albums/14471
母親が着物である場合、授乳は前部分を開くか、身八口と呼ばれるという穴から行います。

でも、お宮参りでは着物が着崩れてしまうのでおすすめはしません。神社内には着替えや授乳ができるところがないところが多いため、事前に、哺乳瓶にミルクや搾乳した母乳を準備しておくと安心です。お宮参り前に、赤ちゃんにミルクをあげておくのも一つの手です。母乳がたくさんでる方は、染み出して着物を汚してしまわぬよう、母乳パッドを多めに入れておきましょう。

お宮参り着物ポイント⑦終わった後の着物のお手入れは?

https://lovegraph.me/albums/13739
やっとお宮参りが終わったのもつかの間。着た着物のお手入れは早めにしておきましょう。
特に赤ちゃんを抱いている時に母親の着物に「よだれがついてしまった」、「母乳のシミができてしまった」としたら、すぐに和服専門の業者へクリーニングをお願いしましょう。よだれや母乳はカビの原因にもなります。そのままにしたり、拭き取っただけではせっかくの着物にカビが生えたり、消えないシミができてしまうので細心の注意が必要です。

■お宮参りを一生の思い出に

いかがだったでしょうか。
現在ではワンピースやスーツでもよしとされていますが着物だとお宮参りがより特別な思い出になりますね。心配な方は両家の考え方を聞いて、それに合わせて着物を考えておくと良さそうです。

伝統の儀式だからと言って緊張することなく、赤ちゃんが生まれたことを喜ぶ楽しいお宮参りにしてください。

ラブグラフではお宮参りの出張撮影も行っています。家族が増えてからの初めてのイベントこそ、すてきな写真を残しませんか?