何を着たらいい?冬のお宮参りの"服装"お教えします!

2019.06.20更新

お子さんとの初めての家族イベントであるお宮参り。冬生まれの場合、お宮参りの服装はどうしたらいいの?赤ちゃんには何着せたらいい?と悩む方も多いのではないでしょうか。今回はそんなみなさんに冬にお宮参りに行く際の服装について紹介します。

■お宮参りとは

お宮参りとは赤ちゃんが生まれた土地に宿る神様に無事に生まれたことを報告し、感謝の気持ちを伝え、健やかな健康を祈る日本の伝統行事です。

一般的には男の子が生後31日目、女の子は32日目にお参りします。ただ必ずしもその日にちというわけではないので気候や天候で日程を変える家族もいます。

■冬のお宮参りの服装は?

お宮参りでは、着物を着るご家庭もあれば、フォーマルな洋服を選ぶ方もいます。どちらを選ぶかの決まりはなく、ご家族の意向やママ・赤ちゃんの体調に合わせて決めるのが良いでしょう。

冬は特に冷え込みますので、無理して着物などを選ばなくて大丈夫。インナーやアウターで調整するのがおすすめです。またママは授乳しやすいものも選ぶ際のポイントです!

ただ、Tシャツやスウェット、ジーンズなどのカジュアルすぎる普段着やラフすぎる服装はあまり好まれません。またご両親が赤ちゃんよりも目立ってしまう服装も好まれないとされています。以上の点に則って具体的に何をきたらいいのかを見ていきましょう。

■冬のお宮参り・赤ちゃんの服装

https://lovegraph.me/albums/14529
お宮参りでの赤ちゃんの正式な服装は白羽二重の上に祝い着を着せるものです。

しかし高価であるため最近ではベビードレスに祝い着を着せるスタイルがお宮参りの服装として増えています。またレンタルする家庭も増えており、ネットでも気軽に行えるため手軽に服装を用意できるようです。

冬のお宮参りはかなり冷え込むため、赤ちゃんのお宮参りの服装あらかじめ厚手のものを選んでおくことに加え、寒さ対策としてブランケットの持参をお勧めします。抱っこしながらコートで暖をとりつつ、さらにブランケットをかけてあげることで長時間になるお宮参りが冬でも安心です。

■冬のお宮参り・パパの服装

https://lovegraph.me/albums/14463
赤ちゃんはもちろん両親の服装もお宮参りでは大事です。

お宮参りでの服装選びは季節に合わせることと赤ちゃんに合わせること、また夫婦で合わせることもポイントになります。礼服もスーツも素材を冬には厚手のものを選んだり、コートを持参したりと防寒も心がけましょう。スーツは派手になりすぎると赤ちゃんより目立ってしまう可能性があるため、暗めの色を選ぶことをお勧めします!

■冬のお宮参り・ママの服装

正装としてワンピースやスーツが一般的に身につけられています。スーツはやはり正装としては良い印象を残りますがお宮参りでは赤ちゃんと一緒にいることや、長時間かかることを考えるとすぐに授乳ができるワンピースの着用がお勧め。

冬場にワンピースを選ぶとストッキングを厚手のものにしたり、中にしっかりと下着を着たりとコート以外にもしっかりと防寒できます。また色味も派手過ぎないものが選べ、冬用生地のなど季節にあったものを選べるのもポイントです。