撮影場所の申請方法について

2018.08.14更新

主要撮影スポットの撮影許可方法ピックアップしました。

ラブグラフの撮影をお申し込み、ありがとうございます。

今回どこで撮影されるか決まりましたか?

当日の撮影場所によっては『撮影申請』が必要になります。こちらは原則、ゲストさんから撮影場所へ申請してください。

本来許可がいる公園や道路など、公共の場所で無許可撮影をしていると、トラブルの原因になることはもちろん、せっかくの思い出が台無しになってしまいます。

申請自体は誰にでもできるものがほとんどなので、ご安心ください。

このページにはよく利用される首都圏を中心とした撮影地について撮影申請方法についてまとめました。

一見大変な作業に感じますが、簡単にできるものがほとんどです。当日安心して撮影を迎えられるよう、早めに申請をしてくださいね。♩

※この記事の一番最後に共通の注意事項をまとめております。

■葛西臨海公園(東京)

*申請方法
①申請書をサイトからダウンロード
②必要事項を記入してFAX(自宅にFAXがない場合、コンビニのコピー機からお送りいただけます)
③葛西臨海公園へFAXを送った旨お電話

・撮影場所はカメラマンと相談して記入してください
・クリスタルビュー(建物)内での撮影は別の申請が必要になります

■代々木公園(東京)

*申請方法
①申請書をサイトからダウンロード
②必要事項を記入してFAX(自宅にFAXがない場合、コンビニのコピー機からお送りいただけます)
③代々木公園へFAXを送った旨お電話

■昭和記念公園(東京)

*申請方法
①撮影が可能であるかまずは電話で確認
②申請書に必要事項を記入
③申請書を印刷・郵送

■みなとみらい(神奈川)

*申請方法
①撮影可能日の確認と電話申し込み
②申請書類をメールまたはFAXで送付