大切なのは“説明しない”こと。トラベルインスタグラマーに聞いた、正方形の魅せ方

2017.12.05更新

トラベルインスタグラマーとして、発信を続ける”ディギーさん”にインタビューしました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


先日、企画会議で他の記者から「知り合いにディギーくんっていうトラベルインスタグラマーがいるんだけどインタビューしてみない?」と言われて正直、「うっ」と思ってしまいました。

”インスタグラマーといえば、おすすめの服や商品を毎日のように投稿して、ブランドの展示会やパーティーに行くようなキラキラした人たち”であり、住む世界が違いう方たちと思っていたからです。


でもインタビューを受けてくれるトラベルインスタグラマーの”ディギー”(@diggy3625)さんのアカウントを、おそるおそる調べてみると…



世界各地の美しい写真が並んでいてのに、プロフィールも投稿も究極にシンプル。

「イメージしていたインスタグラマーと違う…!」というのが最初の印象でした。

「この人はいったい何者なんだろう?」と、見ればみるほど興味が湧き、さっそくお話を伺ってきました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ーはじめまして、今日はよろしくお願いします。ディギーさんをご紹介いただいて、調べたのですが全くネット上に情報がほとんどなくて驚きました。どんな活動をされているのか、教えてください。

ディギーさん:トラベルインスタグラマーとして活動しています。観光局や企業から依頼されて、PRとして各国を訪れて写真を撮るんです。それを自分のインスタグラムにアップしたり、撮った写真を企業さんのサイトで使ってもらったりしています。簡単に説明するとそんな感じです。

アップしている写真には同じくインスタグラマーだったり友人たちに写ってもらっています。

#今年の9月パリでの1枚


ーなるほど…。どんな経緯で、インスタグラマーとして活動されているのですか?

ディギーさん:もともと、新しいもの好きだったので、インスタグラムがリリースしてすぐに始めたんです。そこでハマっていきました。インスタグラムを通して始めて頂いたお仕事は、東京ガールズコレクション(10〜20代女性向けのファッションイベント)の「インスタグラムジャパン」という企画で公式インスタグラマーに選ばれたことでした。あとはその繋がりもありますし、旅や動物が好きで写真をアップし続けていたので、企業から声がかかるようになりました。

■投稿は”Less is More”を意識しています

I'm free to be whatever i.

A post shared by ディギー Mizuki (@diggy3625) on



ーキャプション(インスタグラムの投稿に入れる文章)もかなりシンプルにされているのは何か理由がありますか?

ディギーさん:それがこだわりなんです。
説明しすぎないことで、見る人にとって”気になる”ような見せ方をしています。この一枚を撮るまでのストーリーやどんな場所なのか掻き立てられる感じが大切だと思っています。

意識しているのは”Less is More”。「より少ないことは、より豊かである」といった意味で、情報を詰めすぎないことが大切なんです。

ーまさに私も「この人気になる…」と思ってしまいました。あとひとつ、どうしてもお聞きしたかったことがあるんです。これだけ活動をされている中で”SNS疲れ”ってしたことせありまんか…?いろんな人たちのキラキラした日常を見ていると「わぁ」と思うことがたまにあって…。

ディギーさん:ありますよ。でも、疲れたら投稿しなければいいだけだし、見なければいいだけだと思っています。そのうちまたやりたくなるので。

昔は僕も「1日1投稿しよう!」と考えていたんですが、ルールを作るとどうしても義務的になってしまうんですよね。いただいた仕事はその日までに、それだけしっかりやりながら、趣味の部分については、そこまで切羽詰ってやらないようにしています。

■発信するのは好きなことにしぼっていい

#風景と動物の写真を特によく撮るそう


ディギーさん:インスタグラマーになりたいと、がんばる人もいると思いますが、目的をそこに置かない方がいいと思っています。

好きなもの、なんでもいいんですが旅でも食でも、まず自分が楽しめることが大切だと思います。

周りのインスタグラマーも、好きなことを発信し続けた結果仕事につながった人が多いです。ありきたりな言葉になりますが「好きなことを極める」ことって大切なんですよね。

ーディギーさんは元々旅がお好きだったんですよね。旅にはどんな魅力を感じていますか?

ディギーさん:刺激が多いことです。東京にいても新しいこといっぱいあるけれど、旅に出てみると、普段味わえないようなことがいっぱい起きるし、本当に1秒1秒が楽しいです。現地で写真撮り始めると、体力が無限に出てくる感じがします。

あと、海外によく行くからこそ日本の魅力を改めて気づくことができたと思っています。昔は、日本の桜見てもあまり興奮しなかったんですけど、今だとやっぱり感じるものが違いますね。

#目黒川の桜並木で


ーこれから行きたいところやインスタグラマーとして、目標などありますか?

ディギーさんケニアに行きたいです!キリンとかゾウを撮りたいなあと。結局ずっと好きなことは変わらなかったりします。風景や動物が好きなので、撮りたいなと思っています。

あと、フォロワー数やいいね数の目標は今はありません。結局他の人と比べてもしょうがないので…。これからも自分の好きなことにこだわって、がんばりすぎず楽しめたらいいなと思います!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


今回のインタビューはシカゴから帰国した翌日のことでしたが「時差ボケしたことないので大丈夫です!」と丁寧にインタビューに答えてくださいました。

どんどん世の中に”インスタ映え”を意識するモノたちが出て来ても、そこに惑わされることなく「好きなことを発信することを楽しむ」というシンプルなスタイルこそが、写真とSNSを楽しみ一番大切なことなのかもしれません。


ディギーさんのこれからのご活躍もたのしみです。