結婚記念日には思い出に残るケーキを♪添えたいメッセージなどもあわせてご紹介

2019.05.22更新

年に一度訪れる、夫婦2人にとって大切な一日が結婚記念日です。結婚していなくてもご両親の結婚記念日をお祝いする方など、さまざまな人に関わりのある特別な日です。今回はそんな結婚記念日を彩るケーキを贈るときに、参考にしたい情報をまとめました。

■結婚記念日にケーキを贈るメリット

毎年の結婚記念日に何かプレゼントを贈り合う夫婦や、ご両親にプレゼントする方々は多いと思います。しかし、1年の間にクリスマスやお誕生日など何回もの特別な日を迎える私たちにとって、記念日のたびにプレゼントを考えるのは少し大変という方もいるのではないでしょうか。

そんなとき、ケーキなら誰もが笑顔になると同時に、場を華やかに演出することができるのです。食べることができる贈り物だからこそ選択肢も増えますし、どれにするか選びきれなければいくつか買っていくこともできます。買ったケーキはみんなでシェアすることもできるので、おめでたい日を夫婦や家族全員で共有することができるなど、メリットはたくさんあります。

■記憶に残るケーキにするために

ケーキは長時間残しておくことはできませんが、オリジナリティーのあるケーキなら、記憶にはずっと残ります。何年経っても忘れられないケーキにするために、一手間加えられる工夫やアイディアをご紹介します。

●写真プリントケーキ

美味しいケーキに個人の写真をプリントしてくれるサービスがあります。チョコレートのプレートを使ったり、特殊な技術を使って鮮明に印刷されるので、夫婦が映った写真で作成を依頼すれば世界にたった一つのケーキになります。サプライズ感が満載で、盛り上がること間違いありません。

●メッセージつきケーキ

お店でパティシエの方にメッセージをつけてもらえたり、自分でメッセージを書くことができるキットが売っています。これらを利用すると、グッとケーキに個性が生まれて素敵になります。メッセージの内容をどうしたらいいのかわからないという方は、下の例を参考にしてみてくださいね。

・Happy ○th Wedding Anniversary
・[妻の名前]&[夫の名前] ○th Anniversary
・○th Anniversary I Love you
・いつもありがとう 愛してるよ 
・おめでとう これからもよろしく
・祝結婚〇周年記念

●結婚式で食べたウェディングケーキに似たもの

結婚式でケーキ入刀をした夫婦にとって、ウェディングケーキは一生思い出に残るケーキです。結婚記念日のたびにそのケーキを思い出すことができたら、文字通り甘い記念日となることでしょう。ウェディングケーキを作ってくれたケーキ屋さんや作家さんに問い合わせて、結婚記念日用に家庭用サイズのケーキを作ってもらうのも一つの方法です。

■結婚記念日用ケーキにおすすめのデコレーション

ウェディングケーキも、レースのような模様やウェディングドレスを思わせるような繊細なカーブを描いたデコレーションがあしらわれることが多いですが、結婚記念日にもお誕生日などとは少し異なるテイストのケーキにすると、差別化することができます。

特に、パールやシルバーのスプレーがかけられた小さなチョコレートが散りばめられたものは、品がありながらもきらびやかな印象を与えます。バラなどの花、ハートマークがモチーフになっているものも、夫婦のためのケーキだからこそ特別な意味をなすので、おすすめです。

■宅配サービスを使ってサプライズ

せっかく贈るなら、サプライズで驚かせたいという方も多いと思います。しかし、生クリームなどをたっぷり使ったケーキは要冷蔵であることが多いため、バレないように保管するには少しハードルも高いです。お祝いの席ギリギリに帰ってきて渡すのも、相手に怪しまれそうで嫌だという方もいます。

そこで活用したいのが、宅配サービスです。時間指定をしておけば、希望の時間に玄関まで届けてくれます。頼んだ本人が出てもいいですが、何もサプライズのターゲットが直接受け取ってもびっくりする効果はありますよ。

■特別なケーキで結婚記念日を彩ろう

結婚記念日にケーキがあると、美味しくいただけるだけでなく、記念に撮ったツーショット写真に花を添えることもできます。ケーキのメッセージやろうそくに何周年記念なのかの記載があれば、将来見返したときにすぐにどの年のお祝いだったのかを思い出すことができます。

大切なパートナーやご両親のお祝いにはぜひ、ケーキを贈ってみてください♪