王冠や寝相アート!ハーフバースデーお祝いアイデア7選

2019.07.30更新

赤ちゃんの生後6ヶ月を祝うハーフバースデーですが、一体何をすればいいのでしょうか?ハーフバースデーといえば王冠をかぶせたり寝相アートをしてみたり、ちょっぴり特別な姿を写真に残すのがオススメです。他にも簡単にできるお祝いアイデアをご紹介いたします。

「ハーフバースデー」という言葉を知っていますか?
通常は誕生日を1年ごとにお祝いしますが、赤ちゃんの生後6ヶ月の日、つまり1年の1/2(ハーフ)をハーフバースデーと呼び、お祝いするママ・パパが増えています。

生まれてからたった6ヶ月ですが、ハーフバースデーを迎えるまでに赤ちゃんはたくさんの成長があったことでしょう。

ママ・パパも育児に少し慣れてきたこの時期、ハーフバースデーで6ヶ月間の成長をお祝いし、赤ちゃんと過ごした半年間をゆっくり振り返ってみませんか?

ハーフバースデーは何をする?お祝いアイデアをご紹介

ハーフバースデーのお祝いをしようと決めたものの一体何をすればいいのでしょうか?ラブグラフの写真と共に、ハーフバースデーお祝いのアイデアをご紹介いたします。

特別なハーフバースデーのプレゼントがなくても大丈夫。忙しいママ・パパにもできる、お金や時間をかけないハーフバースデーのお祝いアイデアがたくさんあるのでぜひ挑戦してみてくださいね。

アイデア①ハーフバースデーといえば王冠フォト!

生まれた日から6ヶ月ハーフバースデーまであっという間だったのではないでしょうか?しかし赤ちゃんの成長は想像を上回るスピードだったことでしょう。
どんどん大きくなっていく我が子の姿をハーフバースデーの記念として写真に残しませんか?

中でもハーフバースデーといえば王冠をかぶった姿がオススメです。フェルトで手作りしてもよし、市販のものでもよし。一生に一度しかないハーフバースデー王冠の姿を形に残しましょう。

アイデア②ハーフバースデー仕様に壁を飾り付けしてみる

せっかくのハーフバースデーの記念写真、壁が殺風景だと寂しいですよね。
ハーフバースデーも誕生日のように、バルーンやペーパーフラワーなどで壁を飾り付けてみましょう!

お金をかけなくても大丈夫。100均の材料で簡単にハーフバースデー仕様の飾りは作ることができますよ♪

アイデア③今だけの特権!寝相アートでハーフバースデー写真を残そう

ハーフバースデーの時期にはまだまだ寝転んでいることが多い生後6ヶ月の赤ちゃん。でもそんな姿も歩き始めるまでの今の時期だけなんです。
寝転がってる姿を活用して、可愛い・面白いハーフバースデー寝相アートに挑戦してみませんか?
おうちにあるものを使ってできるアイディアもたくさんあるので、ママ・パパで一緒に楽しい寝相アートを考えてみるのも楽しいかもしれませんよ。

ハーフバースデーのお祝いとして、寝相アートのイベントも各地で開催されています。イベントに行って本格的な寝相アートの写真をハーフバースデー記念として残すのも良いですね。

アイデア④ハーフバースデーの記念に手形・足形を残す

生まれたばかりの手形・足形を残した方は多いかもしれませんが、意外とその後残す機会はなかったりするものです。ハーフバースデーまでのたった6ヶ月でも赤ちゃんはどんどん大きくなっています。
改めてハーフバースデーにちょっぴり大きくなった手形・足形を残して、6ヶ月間の成長を実感してみましょう。

ハーフバースデーの後もこれから先1歳、2歳……と残していけば、成長の記録が目に見えるので良いかもしれませんね。

アイデア⑤赤ちゃんも大喜び!?離乳食ケーキに挑戦してみる

「バースデー」といえばケーキですが、まだ離乳食が始まったばかりの赤ちゃんにハーフバースデーのお祝いケーキは無理……そう思っていませんか?
せっかくのハーフバースデー、本物のケーキは食べられなくても離乳食をケーキに見立ててかわいく盛り付けちゃいましょう!

アイデア⑥ママとパパにとっても大切なハーフバースデーはご褒美を

6ヶ月間すくすくと育ってくれた赤ちゃんをお祝いするハーフバースデー。
だけどここまで赤ちゃんが元気に育ったのは他の誰でもない、ママ・パパの頑張りがあったからこそでしょう。
ハーフバースデーは同時に”ママ・パパ”のハーフバースデーでもあります。赤ちゃんのお祝いももちろんですが、半年間育児を頑張った自分、そしてお互いを褒め合い、感謝しましょう。

ハーフバースデーのお祝いとは別で、久しぶりにママ・パパだけでお出かけしてみるのもリフレッシュになるかもしれませんよ。

アイデア⑦赤ちゃんだけでなく家族写真もハーフバースデーに残そう

赤ちゃんが生まれるとついつい赤ちゃんの写真ばかり撮ってしまいますよね。
家族みんなの今だけの写真も、後から見返すと素敵な思い出になるものです。ぜひ家族揃った写真をハーフバースデーの記念として残しましょう。

せっかくのハーフバースデー、おじいちゃんおばあちゃんなど親族を呼んで盛大にお祝いするのもいいですね。

成長を振り返り、記念に残るハーフバースデーを

生後6ヶ月をお祝いするハーフバースデー、一生に一度の日だからこそ形に残すならプロにお願いしてみませんか?
ラブグラフが素敵なハーフバースデーの思い出づくりをお手伝いさせていただきます!