猛暑の撮影、どうする?夏のラブグラフ撮影アイディア♩

2019.08.14更新

そとにいるだけで息苦しいほど暑い日。外の撮影は大丈夫?そんな不安をやわらげるポイントをまとめました!

せっかく楽しみにしていた撮影の日に、猛暑の予報…!

天気がいいのはいいことだけど、小さいお子さんのいる撮影では特に体調や体力面での心配。

今回は、そんな不安をやわらげる夏のラブグラフと、撮影当日のアイディアを紹介します。

■撮影は休憩をはさみながら

ラブグラフの撮影では、公園内などのいくつかのスポットをまわりながら撮影することが多いです。

撮影プラン時間内、ずっと写真を撮り続ける訳ではなく基本的には休憩をはさみながら撮影を進めていきますので、ご安心いただければと思います。(そんな姿もかわいらしく、写真に残すこともあります♩)

お子様の分はもちろん、パパママの分のお飲み物や帽子などは、なるべくゲストの皆さまにお持ちいただくことをおすすめしております。
移動中に便利なハンディ扇風機や、日傘をお持ちいただくのもおすすめです。

当日は無理に撮影を進めることはありませんので、カメラマンとコミュニケーションを取りながらみなさんのペースで撮影していきましょう。

■室内撮影にチェンジ

担当カメラマンと話し合っていただいた上で、撮影の場所を変更していただくことも可能です。

お家撮影へのチェンジや屋内スペースのある公園、
または水族館での撮影などもおすすめです。

※撮影許可が必要な場合があります
※水族館などの場合入場料はゲスト様にご負担いただきますのであらかじめご了承ください

これまで撮影したお家写真はこちら:https://lovegraph.me/tags/house
水族館でのお写真はこちら:https://lovegraph.me/tags/aquarium

■夕方も、とってもおすすめ

日中に比べ、暑さがやわらぐ夕方の撮影は特におすすめ。

やさしく柔らかな光が差し込む時間の写真は、とっても素敵に仕上がります。幻想的なシルエット写真も狙えるかも。

■夏の思い出に

連日の猛暑、外で過ごすのが不安な日もありますが、時間帯をずらしたり場所を工夫することで
夏の思い出をすてきに残すことができます。どうぞご安心ください。

引き続き夏の撮影ご依頼もお待ちしています♩