思い出を鮮やかに彩る「卒業式」おすすめの袴スタイルと選び方♪

2019.02.12更新

卒業式の定番である袴スタイル。レトロでとっても可愛いですよね♡なかなか着る機会がないからこそ、袴選びは絶対に失敗したくない。でもどうやって選べば良い?相性の良い色の組み合わせって?徹底的にこだわり抜いて、自分らしい卒業式の袴スタイルを見つけましょう!

■そもそも袴の由来って?卒業式に選ばれる理由

卒業式 | フレンドフォト(友達)
元々は明治・大正時代に女学生の制服として着用されていた女袴。着物に比べて動きやすく、且つ美しく礼容を兼ね備えた装いは、多くの女性たちの憧れでした。こうした理由から、今も尚、学業を修め新たな門出を祝う卒業式で親しまれているスタイルなのだと思われます。

当時の女学生たちは、いわば流行の最先端!西洋から伝わる新しいファッションをいち早く取り入れてきました。その一つが袴スタイルの象徴ともいえるブーツです。今も昔も、女性たちは自分をより輝かせる新しい装いに敏感ですよね。皆さんも是非、型にハマらない自分らしい袴スタイルで卒業式を迎えて下さい♪

■卒業式の袴は購入?レンタル?それぞれのメリット

Lunch | フレンドフォト(友達)
卒業式の袴を購入するか、レンタルするか、悩む人も多いかと思います。まずは卒業式以外で袴を着る機会があるかを考えましょう。今後、複数回着用する機会があるという方は購入した方が断然お得です。また購入する場合は、予約が埋まってしまって自分のお気に入りの色や柄の袴を選べなくなる心配がありません。値段はピンからキリまでありますが、約5万円〜数10万円といったところです。

卒業式の一度きりしか着る機会がないという方はレンタルが断然おすすめです。その時々で流行の柄をリーズナブルに取り入れることが出来ますし、着付けとセットになっていたりと手軽で便利です。相場としては購入する場合の3分の1程度、約2万円〜10数万円と出費をかなり抑えられます。また、お持ちの振袖を卒業式で着用したいという場合は袴のみをレンタルすることも可能です。

レンタルについての詳細は、こちらの記事をご参考下さい


■自分にピッタリな卒業式の袴を見つけよう!選び方をご紹介♪

Yukina×Yuka | フレンドフォト(友達)

●自分がなりたい「イメージ」が大切!

いざ袴を選ぶとなると、あまりの種類の多さに圧倒されてしまいますよね。でも折角の卒業式には、他の人と被らない自分に似合う袴を着たい!まずは、自分がなりたいイメージを思い描くことが大事です。

具体的な柄や色じゃなくても大丈夫。「学生最後だから可愛らしくしたい」「卒業後のステップに向けて大人っぽくしたい」「大正ロマンを感じるレトロなスタイルで」などなど、雰囲気だけでも思い浮かべながら選びに行きましょう♪
ryuka × ryoko × ayaka × aina | フレンドフォト(友達)

●失敗しない「色」の選び方と組み合わせ

袴は全身で見た時に、身体の大部分の面積を占めます。人から見た印象を決定づける重要なポイントとなりますので、自分のイメージに合う色を選びましょう!
Shiho×Misaki×Marina | フレンドフォト(友達)
赤やピンクや黄色といった暖色系のカラーは明るく元気で可愛らしい印象、
青や水色や青紫といった寒色系のカラーは、知的でクールな落ち着いた印象を与えます。

また、日本人の肌は大きく分けて"イエローベース""ブルーベース"の二つに分けられます。暖色系・寒色系どちらを選んでも、それぞれの色味(イエローベースの人は黄色味、ブルーベースの人は青味)が含まれるかどうか、それぞれのベースに合うトーン(彩度や明るさ)かどうかを参考にして選べば、自分の肌に馴染む色の袴を選択出来るかと思います!

上の着物と下の袴の組み合わせも悩みどころですよね。上下を同色系の濃淡で組み合わせると、全体的にスッキリとした綺麗な印象にまとまります。反対色で組み合わせると、それぞれの色が強調されて人目を引くハッキリとした印象になります。

ある程度イメージが固まってきたら、いくつか実際に試着して吟味していきましょう!

●細部にまでこだわりを 「小物類」

Hikaru | フレンドフォト(友達)
卒業式の袴スタイルを完成させるのに不可欠な小物類。特に足元は重要なポイントですよね!

和装として古典的に上品にまとまるのは草履です。袴に合わせた色や柄を選ぶ楽しさがありますし、ブーツに比べて着脱が楽です。ハイカラでスタイリッシュにまとまるのはブーツです。草履に比べて雨や雪の日でも歩きやすく、タイトなシルエットで脚長効果が期待出来ます。どちらにもメリット・デメリットがあるので、卒業式のシチュエーションや自分に合ったものを選びましょう。


Miki and Kaori | フレンドフォト(友達)
その他にも重要になるのが手元のかばん。レンタルの場合は巾着がセットになっていることが多いですが、和柄のハンドバッグも種類が多く可愛いものがたくさんあります。また、卒業式では卒業証書や記念品など荷物が多くなりますよね。巾着やハンドバッグには必要最低限のものを入れて、その他に折りたためるサブバッグがあると便利ですよ♪

卒業式に合う髪型や髪飾りについては、こちらをご参考下さい。

自分らしい装いで卒業式を鮮やかに彩りましょう♪

Furisode × Akie | フレンドフォト(友達)
卒業式は学生最後のイベントとはいえ、早くから準備をしなければならないので、なかなかイメージがしにくく色々と迷ってしまいますよね。この記事を読んで、少しでも皆さんの「なりたい自分」への参考になれば嬉しいです♪時が経っても色褪せない素敵な卒業式となりますように♡


新たな旅立ちを祝う卒業式を「ラブグラフ」で残しませんか?お申し込みはこちら