結婚式が待ちどおしい。式場の近くでウェディング撮影を依頼されたお二人にインタビュー。

2017.09.18更新

来月に結婚式を挙げるお二人にインタビュー。結婚式前の心境をお聞きしました。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


今回はLovegraphマガジン編集部が、40日後に結婚式を迎えられるカップルさんの前撮り撮影に同行。

お二人の心境をお聞きしました。

天気なんて関係ない、夜のお台場はとても綺麗

撮影現場はお二人結婚式を挙げる街、東京お台場の海浜公園。

小雨の中、屋形船や自由の女神の明かりが煌々としていてなんとも幻想的に感じた。

そして現れた二人。もちろん本番さながらウェディングドレスとタキシード。
幻想的な現場で、カメラマンチームも私も身が締まったように思う。

雨なんてモノともしない、誰よりも笑顔の二人の強さとは

日中にも前撮りをしていたというお二人。
撮影での疲れがたまっているではないかと思ったところ、その表情は生き生きとしていて笑顔がみなぎっているように見受けられた。

結婚式まであと少しという期待が大きいことももちろん原動力となっていたんだろう。

何よりも、彼ら自身がお互い絶対的な信頼感を持ちえていたよう。

実は、昨年に婚姻届を出しているというお二人。成人した20歳から付き合い始め10年後、30歳になる今年、ついに挙式をするそう。
その年月が二人ののりしろをより大きくして、絆がより深く重なっていたように感じました。

当日は、そんな幸せが広く伝わり、雨すらも時折遠慮するかのようで
私たちも、そんな二人に笑顔にさせたれた。
とにかく屈託のない愛、そのものだったと思う。

どうして結婚するんだろう。結婚ってなんだろう。

私自身は結婚式を終えたものの、日々”結婚とは”ということを考えることがある。

こういう機会しかないものだから、紙一枚交わすだけでは得られないもの、それはなんだろうと聞いてみたところ、

「一生の覚悟と一生一緒にいれる想い。」 
というご主人のご返答。 
「家族を持つ。子供が欲しいから結婚した。」 
これは奥様のご返答。 

二人ともはにかみながらも、時間をかけて答えてくださった。
式後にはきっと、今答えてくれた回答はきっと変わると私は思った。

二人はもっともっと幸せな日々を過ごす、私はそう思う。

結婚式の本番は10月の半ば。
撮影日が雨だっただけに、当日は虹のように彩られる日になりますように。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

出張撮影サービスLovegraphでのウェディングフォトご依頼の場合、
結婚式の前撮りとして利用される方と
式を挙げない代わりにドレス姿の写真を残したい(衣装はご自身でご用意いただきます)という方、2種類がメインです。

好きな場所や、思い入れのある場所のでウェディング撮影をご希望の方、お気軽にご依頼ください。