【ママ向け】お宮参りは何を着ればいい?NGな服装は?お宮参りのママの服装解説♩

2019.06.18更新

初めてのお宮参り、風習や準備などでわからないことがたくさんあるかも知れませんね。 赤ちゃんの準備は揃いましたか? 赤ちゃんの服装は準備したけど、私たちは何着ればいいの?と疑問に思っている方のために お母さんの服装についてご紹介します。

初めてのお宮参り、風習や準備などでわからないことがたくさんあるかも知れませんね。 赤ちゃんの準備は揃いましたか? 赤ちゃんの服装は準備したけど、私たちは何着ればいいの?と疑問に思っている方のために お母さんの服装についてご紹介します。

■お宮参りとは?

赤ちゃんが生まれた土地に宿る神様に、無事に生まれたことのご報告と感謝をし、赤ちゃんの長寿と健やかに育ちますようにとお祈りをするために、神社にお参りすることです。
別名は初宮参りとも呼ばれるそうです。

■お宮参りはどこに行けばいいの?

これから赤ちゃんが育っていく居住地にある神社で行うのが一般的です。
神社で行うので、軽装は慎みましょう。

■お宮参りの服装のポイント

まず赤ちゃんから決める。
なぜなら、赤ちゃんが何を着るかでお母さんやお父さんの服装も変わってくるからです。

●赤ちゃんの服装

・正装は「白羽二重+祝い着」
・洋装は「ベビードレス・セレモニードレス」
最近ではどちらも取った「ベビードレス+羽織の祝い着」が主流になってきているようです。

■お宮参りでママは和装or洋装?決まりはあるの?

今の時代では、厳しいルールや決まりはほとんどないと思って良いでしょう。

昔は赤ちゃんと同格にするか、格を下げて着るものを決めていました。

●赤ちゃんが正装(白羽二重+祝い着)

【赤ちゃんと同格の場合】
お母さんは色留袖や訪問着。
お父さんは黒のスーツ、一つ紋か三つ紋の羽織と着物、袴。

【赤ちゃんより格下の場合】
お母さんはシックなワンピース地味な色のスーツ。
お父さんは黒や紺色の地味な色のスーツ。

●赤ちゃんが洋装(ベビードレス・セレモニードレス)

【赤ちゃんと同格の場合】
お母さんはシックなワンピースや地味な色のスーツ。
お父さんは黒や紺色の地味な色のスーツ。
【赤ちゃんより格下の場合】
お母さんはワンピース。
お父さんはジャケットとスラックス。
現在は特に決まりはなくどちらでも大丈夫のようです。
赤ちゃんを抱っこしながら、神社の表参道から境内を歩いたり、神社の長い階段を上り下りする可能性も考えて、便利な洋装がおすすめです。

足元は、高いヒールは避け、フラットなバレエシューズなどを選びましょう。
また授乳に便利な「授乳口」が付いてるワンピースもあるのでネットショッピングや専門店などでチェックしてみてはいかがでしょうか。

あくまで主役は赤ちゃんという事を忘れずに。
自分で赤ちゃんを抱っこする場合も、そうではない場合も赤ちゃんの祝い着を引き立つ洋服を着ましょう。

赤ちゃんに合わせた服装を心がけましょう。

■お宮参りでNGなママの服装は?

厳しいルールはほとんどないものの、お宮参りでは避けたい「NGなママの服装」もご紹介。

・素足
 ※洋装ならストッキングは着用しましょう
・ミニスカートやキャミソールなど露出度の高いもの
・ジーンズやTシャツなどのカジュアル着
・スニーカー

動きやすいスニーカーもお宮参りでは控えて、ママの服装はカジュアルすぎることのないように心がけましょう。
もちろんママだけではなくパパも、シャツやジャケットを用意してくださいね。

■お宮参りの服装は事前に準備を

どこの神社でお参りをするのか。
赤ちゃんの服装は誰が用意するのか。
会食の費用は誰が出すのか。
などお父さん・お母さんの間で話し合うことがたくさんありますが、
お宮参りの服装もバランスを考え、事前に忘れず相談することが大切です。


また季節によって着るものを増やしたり減らしたり
赤ちゃんとお母さんと体調を第一に考えて参拝してくださいね!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ラブグラフではお宮参りの出張撮影も受け付けております。

スタジオなど普段行き慣れない所に行く必要がないので、赤ちゃんにもママ・パパへの負担も少なく撮影ができます。
人生一度きりのお宮参りを写真に残してみてはいかがでしょうか?
【 ラブグラフ スタンダードプラン】
・19,800円(税抜)
・撮影時間:1時間〜2時間程度
・撮影代、出張費用、撮影データすべて(50枚〜)、カメラマン指名可能(一部オプション)