お宮参りに行く時期はいつ?持ち物は?知っておきたい豆知識

2018.07.10更新

赤ちゃんが生まれて、はじめて家族で行うイベントが「お宮参り」です。お宮参りは、無事に誕生して1ヶ月を過ごせたことを感謝し、健やかに成長することを願う大切なもの。 お宮参りの時期や持ち物など、事前に知っておきたい情報をご紹介いたします。

■お宮参りに行く時期はいつ?

Okamoto family | 家族写真(ファミリーフォト)
お宮参りは、一般的に生後1ヶ月頃に行くものです。しかし、性別や地域により、日数には差があります。

●男の子は生後31日、女の子は生後33日が一般的

男の子は生後30日、女の子は生後33日が一般的です。しかし、地域によって差が見られ、男の子では生後31日や32日、女の子では31日や32日とされるところも。

現代では、パパやおじいちゃんおばあちゃんの都合を合わせることを優先するため、前後することの方が多いでしょう。

なお、地域によっては初七日(生後7日目)に行うところや、100日目に行うところも。お住まいの地域独自の風習があるのかどうか、神社や祖父母に訊いてみてくださいね。

●1ヶ月健診が済んでからが目安

一般的な生後1ヶ月頃に行うお宮参りの場合、目安となるのは「1ヶ月健診が済んでから」です。

病院によっては、赤ちゃんとママの1ヶ月健診の日程が別の日に設けられていることもあるため、両方の健診が済んでからの日程で予定を立てましょう。

産後1ヶ月は「床上げ」の時期でもあります。ママが少しずつ家事をやり始める時期です。

ただし、産後の経過は人それぞれ。くれぐれも無理のない日取りで予定を立てましょう。

●夏場や冬場…気候が厳しい季節はずらしてもOK

生後1ヶ月の時期が、真夏や真冬に重なる場合は、必ずしも生後1ヶ月頃にお宮参りを済ませなければならないわけではありません。

赤ちゃんはまだまだ未熟。体温調整もうまくできません。母親からもらった免疫があるとはいえ、新生児でも感染する可能性のある感染症もあります。

季候のいい季節がくるまでずらしても問題はありません。赤ちゃんの体調が崩れないようにしたいものですね。

特に、冬場の寒さが厳しい北海道や東北、北陸地方などでは、真冬の時期に生まれた赤ちゃんのお宮参りは生後100日頃にするケースも多いものです。神社側で指定されている場合もあるため、あらかじめ調べておくと安心ですね。

「生後1ヶ月頃の姿でお宮参りの記録を残しておきたいけれど、外の空気に長く触れるお参りは季節が落ち着いてからにしたい」という方は、写真館で写真だけを先に済ませておくこともできますよ。

●喪中や忌中は気にするべき?

身内に不幸がある場合、四十九日以内でのお宮参りは控えましょう。それ以外であれば、家族で相談の上いつでもお宮参りに行っても構いません。

■そもそもお宮参りって?

Karen family | 家族写真(ファミリーフォト)
お宮参りをする意味や服装など、基本事項について押さえておきましょう。

●本来は氏神さまにご挨拶に行く行事

お宮参りとは、本来、赤ちゃんがはじめて氏神神社にお参りに行く行事のことを指します。無事に生まれたことを神さまに報告することが目的です。

「産土(うぶすな)神」という、地域の神様が祀られている神社に行き、無事に誕生したことへの感謝と、今後の健やかな成長を願います。

夫婦だけで別の土地に暮らしていたり、里帰り出産で母親の実家のある地域で産後を過ごしていたりすることが多い現代では、必ずしも氏神さまに詣でなければいけないわけではありません。

●何をするの?

参拝だけで済ませる場合もありますが、祈祷してもらうこともできます。どちらを選ぶのかは、季節・体調含め、家族で相談して決めましょう。

祈祷の場合にかかるお金は?

祈祷を頼む場合は、「初穂料(はつほりょう)」と呼ばれるお金が必要です。金額は神社によって異なり、5,000~1万円程度が目安

神社の公式HPに記載されていることもあるため、まずは調べてみましょう。家族が出向ける場合は、神社にある案内を見てきてもらってもよいですね。

のし袋は、金銀か紅白の水引で、「蝶結び」になっているものを選びます。表書きに「初穂料」「赤ちゃんの姓名」を書き、社務所に納めましょう。

予約はいるの?

祈祷をお願いする場合は、神社によって予約が必要となる場合もあります。事前に確認の上、予約が必要であれば、日取りを決めて手続きを済ませておきましょう。

当日直接申し出ればいい神社の場合は、神社に到着後、社務所にて申し込みを済ませます。

戌の日のお参り先としても人気を集める神社の場合、土日はもちろん、戌の日も混み合うもの。

また、大安日を選ぶ人も多いため、混雑が予想される日に向かう場合は、時間に余裕を持った予定を立てることをおすすめします。

●一緒に行くのは誰?

従来は、父方の祖父母と両親で行うのが一般的でした。現代では、両親だけで済ますケースや、母方の祖父母も揃ってお参りすることも。

お宮参り中に赤ちゃんを抱くのは、父方の祖母が古くからのしきたり。しかし、これも地域によって異なりますし、現代では母方の祖母、両家祖父母、パパやママが抱いても問題はありません

●服装は何を着ればいい?

赤ちゃんを抱っこする人は、祝い着と呼ばれる着物を上から被せるようにするのが一般的です。

とはいえ、赤ちゃんの体調や気温によっては、ベビードレスだけで済ませても問題はありません。

大人の服装は着物・洋服、どちらでも構いません。特にママは産後で体がまだ本調子ではないとき。おしゃれなワンピースなど、楽に過ごせる服装がおすすめです。


気をつけたいのは、お宮参り後に会食を予定している場合です。お店によってはドレスコードがある場合もあるため、その際はお店に失礼にならない服装を選びましょう。

●持っていった方がいいものは?

おむつやゴミ袋は多めに、おしりふきやおむつ替えシートも忘れずに持参しましょう。ミルクの赤ちゃんはミルクや哺乳瓶や湯冷まし、母乳の赤ちゃんは授乳ケープがあると安心です。

そのほか、ベビーカーや抱っこひも、ガーゼといったお出かけグッズも忘れずに。スタイ(よだれかけ)を使用している場合は、替えられるように2,3枚あるとよいでしょう。

カメラやビデオを持参する際は、バッテリーが充電されているか、メモリーカードの空き容量は十分にあるのかをあらかじめ調べておくことも忘れずに。

■お宮参りを思い出に残る1日にするには

Matsushima family | 家族写真(ファミリーフォト)
赤ちゃんと家族にとって、はじめての家族行事。お宮参りを思い出に残る1日にするためのアイディアをご紹介いたします。

●食事会を開くときは母子の体調を優先して

両家祖父母が揃うのであれば、お宮参り後に食事会を催してもよいでしょう。ただし、必ずしもしなければならないわけではないので、あくまでもママと赤ちゃんの負担にならないようにします。

レストランによっては、お宮参り用のプランを用意しているところもあります。赤ちゃんを寝かせるクーファンを用意してくれているお店もあるため、専用プランのあるお店は安心ですね。

自宅や実家で、ちょっぴりリッチな料理をデリバリーしてもよいでしょう。

●写真やビデオで記録に残そう

お宮参り当日の姿は、写真やビデオで記録しておきたいものですよね。写真館を利用して、記念撮影をしてもよいでしょう。

注意したい点は、神社での撮影です。境内内では三脚の使用ができない場合がありますし、祈祷中の撮影が禁止されている神社も。トラブルにならないためにも、あらかじめ神社側に確認しておくことが大切です。

お宮参り写真については、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

自然な家族写真を残したいなら出張撮影サービスLovegraphがおすすめ

hozumi birthday | 家族写真(ファミリーフォト)
セルフ撮影の場合、どうしてもカメラマン係の人の写真が残らないもの。せっかくの家族行事、家族全員の姿を残しておきたい方におすすめのサービスが、出張撮影サービスLovegraphです。

カメラマンが、全国どこでも撮影に対応。写真館で撮影するようなかしこまった記念撮影とは違った、自然な表情を切り取ってくれますよ。

Lovegraphスタンダードプラン
17,800円
撮影料・出張料・データすべて(70枚~)・カメラマン指名可能(一部別途費用が必要)

おじいちゃんやパパなど、男性陣は特に記念撮影の場では表情が固まってしまいがち。自然な笑顔は、ロケーション撮影だからこそ残せるものです。

当日の空気感をそのままに、写真にぎゅぎゅっと詰め込んで残してみませんか?

※この記事に使われている写真は、すべてLovegraphで撮影したものです

■赤ちゃんとママの体調に気を配り、思い出に残る1日を

Okamoto family | 家族写真(ファミリーフォト)
お宮参りの主役は、あくまでも赤ちゃん。赤ちゃんの体調はもちろん、産後でまだ体調が安定していないママの体調にも気を配って、いい思い出になるお宮参りを過ごしてくださいね。

お宮参りについては、以下の記事にも詳しく書かれています。