ひさみつ(札幌) | 出張撮影・出張カメラマンのラブグラフ

ひさみつ

ひさみつ 札幌 New

メインカメラ
FUJIFILM Xpro3 ・ SONY α7RⅢ
対応エリア
北海道全域

【ご挨拶】
初めまして。北海道Lovegraphの久光佑弥と申します。
お気軽に「ひさみつ」とお呼びください。

まずは、お忙しい中、またコロナウイルスの影響で大変な中で、
このページを開いていただき、ありがとうございます。

これを読んでくださっているということは、
きっと「Lovegraphで写真を撮ろうかな」「撮ってもらうならどんなカメラマンがいいかな?」と、
悩まれていることと思います。

きっと大切な人の笑顔をイメージしながら。どこでどんな風に撮ってもらおうかな。
と、イメージを膨らませていることかと思います。

素敵な写真が残せるように、一生懸命頑張りますので、
よろしくお願いいたします。

【簡単な自己紹介】
2017年3月 北海道医療大学卒業 看護師・保健師国家資格取得
2017年4月 札幌市内の病院で看護師として勤務
2019年4月 北海道礼文島へ移住。観光協会で勤務
2020年4月 北海道札幌市にてフリーランスとして活動開始

看護師・保健師の国家資格を持っています。撮影において体調が心配な方や、
コロナウイルスの影響で撮影に不安がある方など、安心してご相談ください。

海外の方へ。観光の仕事を一年しておりました。
日常会話程度でしたら英語で対応可能です。安心してご依頼ください。

 撮影の際は、Lovegraphで定めている「新型コロナウイルス の感染防止対策」に則り、
ゲスト様の安全に考慮しながら撮影させていただきます。
 小さなお子様がいらっしゃるご家族、ご高齢の家族がいる方など、このご時世ですから心配なこともあるかと思います。
どうかお気軽にご相談いただけると嬉しいです。

【Lovegraphのカメラマンになった理由(ワケ)】
 看護師時代に出会った一人の患者様が、カメラマンになったきっかけです。
その方は末期癌の方で、「男性の方が気楽で良い」と、よくケアに入らせてもらっていました。
旅好きな方で、「治療が終わったら奥さんと石垣島に行きたい」とよくおっしゃっていました。

 ある日、「自分はもう永くないから、40年以上連れ添った妻と一緒に、写真を撮って欲しい」
と頼まれました。

 当時はアマチュアで、人を撮ったことがなかったため、迷いましたが、「今この人を撮れるのは自分しかいない」と思い、撮影させていただきました。

 翌日、写真をアルバムにしてお渡しすると、目に涙を浮かべて喜んでくださいました。

 そして、その方はその3日後にこの世を去りました。

 自分はこの方のために、最高の1枚を撮影することができただろうか?
とその日以来考えない日はありません。

そしてそれ以来、誰かの「生きた証」を写真で残したいと思うようになりました。

大切な人といられる何気ない日常や、大好きな人が当たり前に側にいてくれることの大切さ、
そんな何気ない幸せや、「生きている証」を未来へ残したい。

そんな想いで、シャッターを切っております。


【どんな写真を撮るの?】
大切な人と一緒にいる時って安心して自然な表情になりますよね。
そんな「その人らしい」瞬間を、とびきり綺麗に残すことが得意です。

カップルフォト、ウェディングフォト、家族写真と撮影のジャンルはありますが、
この世に同じ写真は2枚とありません。
人生に寄り添えるような「その人らしい」写真を撮ることを意識しております。

【最後に】
ここまで読んでくださりありがとうございます。

お会いできる日を楽しみにしています。


得意な撮影シーン・テイスト

ポートフォリオ

撮影実績

お客様のレビュー

  • 感想が遅くなってすみません。先日はありがとうございました。色々とお声がけしていただいたおかげで和やかな雰囲気で撮影できてありがたかったです。写真を見た友人も素敵な写真と言ってくれて、この状況でしたがお願いしてよかったです。ありがとうございました。

ひさみつの予定

このカメラマンの予定をみる