Ren's first visit to a shrine||出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ]

Ren's first visit to a shrine

神奈川県

Ren's first visit to a shrine | Ren's first visit to a shrine | Ren's first visit to a shrine |

[ INTERVIEW:01 ]

今回撮影にお申し込みくださったきっかけを教えてください!

スタジオでの撮影だと長時間かかるため、息子の負担にもなると考え、出張撮影にしようと思いました。そんな時に友人も働いているラブグラフでお願いしようと思いました。

Ren's first visit to a shrine | Ren's first visit to a shrine |

[ INTERVIEW:02 ]

お子さんにはどんな子に育ってほしいですか?

コロナの影響で大変な状況ではありますが、どんな環境でも、染まらずに清く逞しく、芯を持った子になって欲しいです。

Ren's first visit to a shrine | Ren's first visit to a shrine | Ren's first visit to a shrine |

[ INTERVIEW:03 ]

素敵な撮影をありがとうございました!今回の撮影はいかがでしたか?

当日はどたばたとなってしまいましたが、柔軟に対応いただきありがとうございました!
予約時から写真撮影、データの送付まで迅速にら丁寧にコミュニケーションしていただいたので大変助かりました。

Area: 神奈川

この撮影をしたカメラマン


もい
35件
25件
家族 ナチュラル 友達 七五三 お宮参り
初めまして!
Lovegraphカメラマンの もい といいます。 

🌿写真について
わたしが写真を撮るのは、忘れてしまいがちな目の前の幸せを、いつでも思い出せるよう閉じ込めておけるからです。
わたしにとって、愛おしい誰かがいたり愛おしい時間があったりすることが、「幸せ」の一つだと思っています。その幸せはきっとすぐ足元や身近なところにあるはずなのに、それに気付かず過ごしている人たちが周りにたくさんいました。わたしもそうでした。もっとその小さな幸せ一つ一つを大切にできたら、みんなもっとハッピーに生きられるのではないかと思っています。
そしてその中で「写真」は、その一つ一つを閉じ込めておけるものです。いつだって好きなときに立ち返ることができ、記憶を可視化させて残せる写真だからこそ、気付きにくくて忘れてしまいがちな日常の幸せを閉じ込めておくのにぴったりなんです。
わたしは写真を通して、幸せをいつまでも残したいと思っています。

🕊ラブグラフへの想い
もともと一人旅が好きで、旅先で写真を撮ることが趣味でした。はじめは風景やものを中心に撮っていましたが、友人たちを撮り、その写真を見せたときに笑顔になってくれたことが本当に嬉しくて、人の表情を切り取ることに惹かれていきました。
そして、身近なところや側にある幸せに目を向け、写真という形で残すお手伝いがしたい、そんな想いでラブグラフのカメラマンになりました。 
いつか見返したとき、大切な人との思い出や愛おしい記憶が蘇るような写真をお届けします。  
また、お写真を残すだけではなく、撮影そのものが思い出に残る素敵な時間となるよう、気持ちを込めて撮影させていただきます。

📷撮影について
でっかいカメラを向けられて、撮られて、普段なかなか無いことなので緊張してしまいますよね。
撮影中は、お喋りしていただいたり普段のように道を歩いていただいたりと、ゲストさんに無理のないペースで進め、自然な表情を切り取ることを心がけています。
また、撮影中はもちろんですが、撮影前後のゲストさんとのコミュニケーションを大切にしております。少しでも不安を減らしてわくわくした気持ちで撮影に来ていただきたいですし、撮影を通してできた関係性をその後も大切にしていたいからです。
当日限りの関わりではなく、ゲストさんの人生に寄り添えるカメラマンでありたいと考えています。

🚃対応地域について
東京、神奈川、千葉を中心に撮影させていただいておりますが、別途交通費をいただければ全国どこへでも飛んでいきます。また、対応地域内であっても遠方の場合は交通費をいただくことがあります。ご希望の撮影地とあわせましてご相談くださればと思います!

*ニューボーンフォトについては、ナチュラルニューボーンフォトプランのみお受けしています
*現在、夜間の撮影は承っておりません

最後まで読んでくださりありがとうございます。
ご希望や不安点などあればお気軽におっしゃってください!
お会いできることを心より楽しみにしております!